タンゴ・トリオを聴いて

レオナルド-ブラーボさん-藤井眞吾さん-岩崎慎一さんと

アルゼンチン出身のギタリスト、レオナルド・ブラーボさんのタンゴ・トリオを聴きに行きました。
全国ツアー中のレオナルド・ブラーボさん(ギター)、北村聡さん(バンドネオン)、田中伸司さん(ベース)によるアルゼンチンタンゴ・トリオ、心躍るような名演でした!
今回の曲目は古典タンゴからピアソラ、フォルクローレまで幅広く取り上げており、ピアソラの『バンドネオン、ギターとベース』など珍しい作品も取り上げていました。 バンドネオンとベースも加わった『タンゴの歴史』は出色の名演。特に第4楽章『現代のコンサート』はこの曲の持つ真価をあらためて味わった気がします。 終演後もいいお話をたくさん聞けました。 写真はごいっしょした藤井眞吾先生、岩崎慎一先生と!
【プログラム】
ダンサリン
ラ・クンパルシータ
デル・バホ・フォンド
我が愛のミロンガ
エスキーナ
バンドネオン、ギターとベース
ア・ラ・グァルディア・ヌエバ
澄み切った空
エル・ポラー
見捨てられて
タンゴの歴史
リベルタンゴ
アディオス・ノニーノ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です