読売新聞にタンゴ100年の記事が掲載

タンゴ日本渡来100年

昨日の読売新聞の文化面に10月に公演していただくタンゴ研究家の西村秀人氏のタンゴ日本渡来100年の研究についてがかなり大きく取り上げられていました。タンゴ日本渡来についてのダイジェスト的な紹介でしたが、タンゴファンや音楽文化に関心のある方には興味深い内容だったのではないでしょうか?一般的に欧米の音楽文化に比べ、中南米の音楽文化についてはくわしい内容が取り上げられる事がまだまだ少ないので貴重な機会であると思います。
ありがたいことに米阪ギター教室協賛企画である10月25日の豊中市ルシオーレホールでの特別講演についても記事の中で「歴史を学ぶ講演会」として紹介されております。さすが新聞の効果は抜群でさっそく何件かお問い合わせをいただきました。100年目を記念する節目の年に、音楽を深く知りたいみなさんにぜひ聞いていただきたい講演です!くわしくは「タンゴ日本渡来100年特別講演」のページをご覧ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です