リッツカールトンでの演奏の終了

長らく続いた、リッカールトン大阪・イタリア料理スプレンディードでのギター演奏も、ついに11月16日の北山直樹さんの演奏をもって終了しました。3年半前、知人に頼まれてオーディションを受けた時には、移り変わりの多い業界でまさかこれほど長期の企画になるとは思いませんでした。3年前にいたお店のスタッフの方も異動等でほとんど入れ替わってしまったようで、さすがに時の流れを感じます。広く障害物の多い店内での長時間の立奏、しかも生音・・・とギタリストにとって過酷な条件でしたが、同じく専属で演奏していた亀井貴幸さんと北山直樹さんのすばらしい演奏と努力もあって、こんなにも長い間続けることができたのでしょう。ふだんあまり聞けない生のギター演奏を聞けたというお客さんの声をいくつもいただけたのも、よい収穫でした。私自身も料理とお店の雰囲気を盛り上げる裏方としての演奏という経験で、いろいろと勉強できたと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です