ギターの種類

ギター

以前からギターに親しまれている方には自明のことですが、初心者の方からギターの種類についてのお問い合わせもよく受けます。もちろん細かく分類して行くと果てしないのですが、ここでは大まかに分かりやすく説明しておきましょう。

ギターは大別するとアコースティックギターとエレキギターに分ける事が出来ます。エレキギターはピックアップ、シールド、アンプなどの機械を使って音量を増幅して演奏刷るギターですが、アコースティックギターは基本的に機械を通さず生音で演奏できます。(注:アコースティックギターの中でもピックアップ内蔵のエレアコ、エレガットなどもありますが)当教室でレッスン可能なのはアンプを通さないアコースティックギターです。エレキギターのレッスンはしておりませんので、ご興味のある方は専門の先生にお問い合わせください。

さらにアコースティックギターの中でも当教室で主に扱っているのは、クラシックギターと言われるもので、木製で1~3弦にナイロン弦を張るのが特徴です。まろやかな音色と豊かな響きを持ち、クラシック音楽はもちろん、ボサノバをはじめとしたラテン音楽でもよく使用されます。主に指で弾くことが多いですが、ピック弾きも可能です。ガットギターという呼び方もありますが、これはかってはナイロンではなく動物の腸(ガット)を使った弦を張っていたからです。ガット弦は音は美しいのですが、高価で長持ちしないので現在ではほとんど使われていません。

フォークギターはクラシックギターよりも一般にやや大きく、全弦に金属弦を張ります。アコースティックギターと言うと一般的にはこちらをイメージする人が多いでしょう。音色はシャープで金属的、クリアな音色です。ピックで演奏することが多いですが、指弾きでも演奏されます。ソロギターで演奏することも可能ですが、教室ではコードを鳴らしながら弾き語りをされている方が多いですね。

クラシックギターもフォークギターもチューニングや音の配列自体は同じですが、自分がどういう音を求めているか、どういう音楽をしたいかで選んでください!