北山直樹ギターリサイタル

ギタリスト 北山直樹

3月15日(日)守口市アイリスカフェにて大阪ギタースクール主催「北山直樹ギターリサイタル」が開催されました。現在関西で活動の場を広げている北山くんは猪居門下の弟弟子に当たりますが、ギター音楽の楽しさを全身で表現するような力強い演奏を聞かせてくれました。ソルやバリオス作品では軽妙な表現で優しさと楽しさに満ちた表現、グラン・ホタ、コユンババのようなテクニカルな作品では、特殊技巧をこらした遊び心のある演奏で場をわかせました。最後に演奏した「トリロジー」はジャズの要素が強く、転調も繰り返される複雑な作品ですが決して難解な印象ではなく、次々と移りゆく曲の表情が心地よい名曲。北山氏自身がこの曲の様々な音の変化を楽しんで弾いているのが感じられる、この日一番の名演でした。北山氏の演奏は、音楽に対する愛情と表現したいという明確な意志が伝わってくる非常にホットな演奏。演奏を聞くうちに自然に引き込まれ、彼独自の世界をたっぷり楽しませてもらえたリサイタルでした。

【演奏曲目】
ソナタ(F.ソル)
さくら変奏曲(横尾幸弘)
グランホタ(F.タレガ)
コユンババ(C.ドメニコーニ)
ワルツ第4番、フリア・フロリダ(A.バリオス)
バーデンジャズ組曲(J.イルマル)
トリロジー(F.ハンド)
【アンコール】
弥生(土井浩樹)
サンバースト(A.ヨーク)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です