ウードとギター

トルコ・ウード

以前何度かダンスの方で共演したジャミーラさんが、最近力を入れている民族楽器ウードをもってギター教室に来てくださいました。
ウードとは中近東でよく演奏されている弦楽器でちょうど日本の琵琶に似た形状をしており、細長いプレクトラム(ピック)で演奏します。
ギターの観点からアドバイスがほしいと言うことで、最初はびっくりしましたが、同じ撥弦楽器だけに奏法やコツの面ではけっこう似通っている部分もあるようです。ヨーロッパのリュートにも形が似ていますし、歴史的なつながりもあるんでしょうか?そういえばギター自体、その発生や発展についてはまだまだわかっていない部分も多いので、こういう楽器との関係性を探るのも興味深いです。
トルコ音楽の知識はあまりないんですが、個別の奏法の部分では意外と気づくところも多くておもしろかったですね!