石橋でバイオリントリオを聞く

池田市石橋のギャラリー・アンダンテでのバイオリン/村瀬響さん、チェロ/ 一樂恒さん、ピアノ/木森菜見子さんのトリオコンサートを聞きました。村瀬響くんは私がいつも共演しているバンドネオンの星野俊路氏のタンゴの後輩。自らの演奏のプロデュースから作曲まで積極的に活動しています。この日は若い演奏家たちによる、フランス作曲家の作品、ピアソラを中心に難曲、大曲ぞろいの骨太のプログラム・・・ラヴェルとドビュッシーの曲は特殊奏法も効果的に使われた楽しい作品でした。いずれも色彩豊かな表現力でじっくり聞かせてくれます。弦楽器とピアノの甘美な音色の溶け合いに酔いました!
【プログラム】
ルクレール/バイオリンソナタニ長調、ピアノトリオ第8番
ラヴェル/バイオリンとチェロのためのソナタ
ドビュッシー/ピアノトリオト長調
村瀬響/Clover Leaf
ピアソラ/オブリビオン、エスクアロ、ル・グランタンゴ、リベルタンゴ

ブログ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です