クアトロ・パロス大阪公演

クアトロ・パロス大阪公演

昨日は関東を中心に活躍するギターカルテット「クアトロ・パロス」の大阪吹田での関西初公演でした。メンバーは斉藤泰士氏、多治川純一氏、萩野谷英成氏、前田司氏。ギター四重奏という形態は古くからありますが、常設のプロのカルテットとして9年間も活動してきた実績のあるクアトロ・パロスは希有な存在です。特にここ何年かはCDの発売や作曲家の委嘱作品の初演などで、日本を代表するギターアンサンブルとして高い評価を得ています。
吹田名シアターで行われた昨日の演奏会も、聞きしに勝るエネルギッシュで表現力豊かな名演を堪能しました。4人の個々の個性を色濃く出しながら、それを見事に一つにまとめ上げる離れ業には脱帽です!今回はギター四重奏のためのオリジナル作品が中心でしたが、どれも聴き応えがあり、アンサンブルの魅力がしっかり味わえるいい曲ぞろいでした。4人それぞれの個性がうかがえるMCも板に付いていて楽しかったですね。
本日10日は尼崎ピッコロシアター、明日11日はFANA大阪での演奏が控えているとのことなので、聞き逃した方はぜひお聞きいただきたいです。

【演奏曲目】
ブルージリアン/C.アサド
アメリカ民謡組曲より/J.スパースク編
雲の詩/佐藤弘和
オースティン・タンゴ/R.ディアンス
アクロバット・ダンス/S.ラック
風のサンバ/松岡滋
アニマリア/小関佳宏
4つのリトルネッロ/藤井眞吾
カナリー/佐藤弘和
(アンコール)花は咲く/インスピレーション