神戸市「中南米音楽会」でギター演奏

神戸「中南米音楽会」アルゼンチンタンゴ

10月16日は神戸市の「海外移住と文化の交流センター」で催された「第25回中南米音楽会」にギター&バンドネオン・デュオ【タンゴ・グレリオ】で出演。このセンターは元「神戸移住センター」といい、日本の移民の歴史に深くかかわってきた建物。中南米諸国とのかかわりも深い場所での演奏ということで非常に楽しみでした。共演はボサノバユニット「ビーショ・パパン+萩田紀一郎(ピアノ)」さん。
最初に演奏したビーショ・パパンさんはボサノバやサンバの名曲やショーロを演奏して晴れた秋の一日にふさわしく心地よい雰囲気を演出してくださいました。続いてタンゴ・グレリオの演奏。タンゴの故郷ブエノスアイレスと同じ港町である神戸にタンゴはとても似合うような気がします。1時間ほどの演奏でしたが、NHKでも告知されていたということで、おとずれた大勢の皆さんにじっくりと聞いていただき、うれしい反響をいただきました。
この中南米音楽祭は定期的に行われているそうなので、また別の機会にも出演させていただきたいですね!

兵庫県での米阪ギター教室のその他の過去の出演記録
ビーショ・パパン %e5%8d%97%e7%b1%b3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です