大阪大学ギタークラブ定期演奏会を聞いて

昨日は川西市のみつなかホールで行われた大阪大学ギタークラブの定期演奏会を聞きに行きました。今回は当ギター教室の生徒も出演し、複数のステージを精力的にこなし、3回生として最後のステージに臨んでいました。先日から何度か二重奏や強化練習の指導を少ししたりして、他の部員の方とも交流させてもらったこともあり、私としても思い入れを持って演奏を聞くことができました。
ちょうど20年前も同じようにステージに上がっていたので、当時の緊張感や終演後の開放感を思い出しました。最後にロビーで見送る学生さんたちの笑顔がいろいろな思いを物語っていたような気がします。
実はこの日、私の一つ上の先輩たちも大勢聞きに来ていて、終演後ちょうど20年ぶりの同窓会を行われたので、そこに合流しました。皆さん、20年を経て変わらずギタークラブが存続していることに感慨深げでした。来年は私の代も20年目の節目になるので何か企画したいところです。ギタークラブにはやはりギター人生のスタート地点と言える想い出がたくさんあります。

ブログ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です