音楽朗読劇に参加

音楽朗読劇『ふたたびの恋』にギターで参加させていただきました。出演者は以下の通り・・・
・室生晃一役:河島辰徳 ・澤田雪夫役:松田大介 ・大木新子役:mihiromy ・バイオリン:辻本明日香 ・ギター:米阪隆広 会場:Gago(布施)
野沢尚原作の舞台劇に基づいた朗読劇でした。登場人物3人のみ、ほぼ会話のみで進むストーリーながら、軽妙なやり取りから浮かび上がる人間関係や、回想をはさみながら次第に過去が明らかになっていく飽きさせない構成で、朗読者の演技の熱気も相まって濃密なひとときでした。バーを舞台にした物語を実際のバーで上演するという趣向も臨場感を生んでいました。
演奏としては今回はコンサート形式ではなく、実際の劇の進行に合わせたリアルタイムでの劇伴という、私としては初めての挑戦で普段とは違う難しさがありました。この音楽朗読劇のシリーズに何度も関わっているバイオリン・辻本明日香さんの熱演にもずいぶん助けられました。本番が進むにつれ次第に熱が加わっていく演奏にギターの方もどんどん気分が乗っていきました!
タイミングの合わせ方や曲の尺の調整などは困難でしたが、その分ぴたりとセリフの流れに合ったときは相乗効果でいい雰囲気が作れたと思います。いい経験になったひと時でした。

ギター バイオリン

過去の出演記録

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です