神戸岡本でタンゴ歌謡ライブ出演

木佐貫裕珠/ボーカル 星野俊路/バンドネオン 米阪隆広/ギター

24日は神戸岡本のライブバー・ボーンフリーでのライブ『タンゴ・グレリオ&ゆうじゅ Tango Amor!』出演しました。あいにくの雨模様となりましたが、それにも負けず大勢の皆様にお越しいただきました。出演は木佐貫裕珠/ボーカル、星野俊路/バンドネオン、米阪隆広/ギター。
下町の歌姫・木佐貫ゆうじゅさんの歌声はしっとりと艶っぽく、アルゼンチンタンゴの世界を表現するのにぴったり。タンゴにあまりなじみのないお客様も多かったようですが、ゆうじゅ&ギター米阪のタンゴ解説(漫才!?)も交えながらの、涙と笑いの約2時間のライブとなりました。
これまでのレパートリーに加えて、今回はちょっと危険な大人の官能の世界を描いた「ア・メディア・ルス(淡き光に)」や、エディット・ピアフによってシャンソン「群衆」として伝えられた「ケ・ナディエ・セパ・ミ・スフリール(誰も僕の苦しみを知らない)」を原曲のペルー風ワルツに寄せたアレンジで。大いに盛り上がり楽しんで演奏できた一夜でした!

〈プログラム〉
(インスト)
下町のロマンス (トロイロ)
エル・ポージョ・リカルド (フェルナンデス)
わが愛のミロンガ (ラウレンス)
アウセンシアス (ピアソラ)
ポル・ウナ・カベサ (ガルデル)
映画『ひまわり』テーマ (マンシーニ)
プレパレンセ (ピアソラ)
ベンタロン (マフィア)
(歌)
ジーラジーラ (ディセポロ)
クリスタル (モーレス)
最後のコーヒー (スタンポーニ)
ノスタルヒアス (コビアン)
カミニート (フィリベルト)
灰色の午後 (モーレス)
ア・メディア・ルス (ドナート)
オブリビオン (ピアソラ)
ケ・ナディエ・セパ・ミ・スフリール (カブラル)
クンパルシータ (ロドリゲス)

過去の出演記録

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です