盗賊の唄/カタロニア民謡、M.リョベート編

スペインのカタルーニャ地方に伝わる民謡を、同地方の都市バルセロナ出身のミゲル・リョベート(Miguel Llobet Solés、1878~1938)が編曲した作品です。リョベートはフランシスコ・タレガの弟子であり、師匠と同じく演奏家、作曲家、編曲家として活躍しました。

リョベートは13曲のカタロニア民謡を編曲しており、「盗賊の唄」もその一つ。
もとの歌も素朴で美しいですが、それとは裏腹に歌詞は捕らえられ処刑を目前に控えた盗賊がこれまでの悪行三昧の人生を粋がって歌うという内容です。
原曲はわずか12小節ほどのメロディの繰り返しですが、リョベートの編曲により現代的な和声やハーモニクス奏法などで彩られた美しいギター独奏曲になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です