くどやまアートウィーク2018 クラシックギター 米阪隆広

くどやまアートウィークでギター演奏

昨日は、現在開催中の和歌山県九度山町の「くどやまアートウィーク2018」でギターソロを演奏しました。
くどやまアートウィーク2018では町内の町家や商店街にさまざまなアーティストの作品が展示されており、9月29日~10月14日の期間に開催されています。
昨日7日は「まちなかマルシェ」が開催され、町のあちこちでフリーマーケットや手作り市、音楽ライブが行われました。
私も午前中に町内の松山常次郎記念館の中庭でギターソロを演奏。日本家屋とギターの音色は不思議と調和していた気がします。
昔何度も前を通っていたはずなのに、入ったことのなかった建物に入れたのは楽しかったですね。
クラシック、映画音楽、スペイン音楽などいろいろ取り混ぜて演奏しました。
それにしても9月から台風、長雨と悪天候に悩まされましたが、この日は奇跡的に快晴で暑いくらいの陽気!運営に関わる人たちも心配されていたでしょうから、本当によかったです。

昼からはしばし町の中を散策。
午後のまちなかライブでは和歌山県在住のチェロ奏者ロビン・デュプイさんとシンガーソングライターの円香さんの演奏も聞けました。

いろいろと飲食ブースも出ていて楽しめましたが、お隣の箕面市の「北摂スパイス研究所」さんが出店されていてびっくりしました!
思わぬところで人のご縁はつながっているようですね。
このあたりは別のブログにも書いております。

くどやまアートウィーク2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です