黒いデカメロンⅠ戦士のハープ/レオ・ブローウェル

キューバの作曲家レオ・ブローウェル(Leo Brouwer、1939~)の1981年の作品。
「戦士のバラード」「こだまの谷を逃げていく恋人たち」「恋する乙女のバラード」の3楽章から成っています。

ブローウェルは1970年代は無調の前衛的、抽象的な現代音楽の傾向を持つ作品が多かったのですが、この「黒いデカメロン」あたりから「ハイパーロマンチシズム」と自ら称する抒情的な作品が増えてきました。
「黒いデカメロン」はドイツの人類学者レオ・フロベニウスによって収集されたアフリカの民話がもとになっており、「デカメロン」はボッカチオ作の同名の物語集になぞらえているようです。
第一楽章「戦士のハープ」はハープ奏者になったために追放された戦士が、故郷の危機に再び武器を取るという物語に着想をえています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です