歌とリュート古楽の世界・森 紀吏子&米阪隆広ジョイントコンサート

池田市民文化会館Bridgeにて「歌とリュート古楽の世界」

14日は池田市民文化会館Bridgeでの恒例のティータイムコンサートVol.11【歌とリュート古楽の世界・森紀吏子&米阪隆広ジョイントコンサート
】を開催しました。回を追うごとに好評をいただいてきた企画ですが、この日もたくさんの皆さんにお越しいただきありがとうございました!
今回は歌手・リュート奏者の森紀吏子(もりきりこ)さんをゲストにお呼びしてイタリア・イギリスのルネサンス~バロック期の古典音楽をお届けしました。
多くの方はクラシック音楽というとベートーベンやモーツァルト前後の時代からをイメージされると思いますが、この演奏会で取り上げたのはそれよりもさらに古い時代の音楽。かといって決して古臭いわけではなく、人間の心に寄り添うような自然な美しさは現代人の心にも響く魅力ということがお越しいただいた皆さんにもお伝え出来たかと思います。
珍しいリュートを奏でながら歌う弾き語りや、森さんによるリュートの解説もお越しいただいた皆さんに興味深そうに聞いていただきました。リュートの工芸品のような美しさにも感心されている方が多かったですね。

ところで周囲にもよく私と顔が似ているといわれる森紀史子さんですが・・・実は私の従姉妹なのです!
今回は満を持しての共演となり、とても楽しいコンサートとなりました。
ありがたいことに非常に好評だったので、また別の形、別の会場でいつかで開催したいと思います。

歌とリュート古楽の世界・森 紀吏子&米阪隆広ジョイントコンサート

歌とリュート古楽の世界・森 紀吏子&米阪隆広ジョイントコンサート

【演奏曲目】
≪米阪ソロ≫
ソナタK1(ドメニコ・スカルラッティ)
アリアと変奏~ラ・フレスコバルダ(ジローラモ・フレスコバルディ)
グリーンスリーブス(フランシス・カッティング編)
蛙のガリアルド、ファンタジー第7番(ジョン・ダウランド)

≪森ソロ≫
リチェルカータ (フランチェスコ・ダ・ミラノ)
君の手を握ると (ジュリオ・カッチーニ)
ガリアルドの終わり (ニコラ・ヴァレ)
オレンヂの家 (森紀吏子)
ニンファの嘆き (クラウディオ・モンテヴェルディ)

≪デュオ≫
アニー・ローリー(スコットランド民謡)
流れよわが涙、さあもう一度愛が呼んでいる(ジョン・ダウランド)
Che si può fare(バルバラ・ストロッツィ)
サンタ・ルチア(ナポリ民謡)
(アンコール)スカボロー・フェア(イギリス民謡)

過去の出演記録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です