クリスマスの歌/A.バリオス

クリスマスも近づいてきたので、パラグアイのギタリスト/作曲家のアグスティン・バリオス・マンゴレ(Agustìn Barrios Mangoré、1885~1944)の「クリスマスの歌(Villancico de Navidad)」を演奏してみました。
稀代のヴィルトゥオーソであり、「大聖堂」「ワルツ3番」などに代表される技巧的な作品で知られるバリオスですが、この作品のように民謡風の素朴で味わい深いメロディにも優れた才能を示しました。バリオスは物欲に乏しく愛情深い性格で、信心深い人だったと言われていますが、このような作品からもその人柄がにじみ出ているように思います。
途中のハーモニクスは出版譜とは変えて弾いていますが、バリオスは即興演奏の達人で同じ曲でも演奏するたびに変えていたそうなので、これも一つの解釈と思って聴いてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です