カディス/I.アルベニス(バルエコ編)

スペインの風土や民族音楽に影響を受けた作品で有名な、作曲家・ピアニストのイサーク・アルベニス(Isaac Albéniz、1860~1909)の「スペイン組曲」の中の1曲。「カンシオン(歌)」と副題が付けられています。

「カディス」はスペイン南部の美しい港市。この作品は当初は「スペイン組曲」には入っておらず、アルベニスの没後に出版社が「Serenata Española」という作品を改題して組曲にまとめました。「カディス」はアルベニスが付けたタイトルではありませんが、結果的にこの作品の軽快で優雅な雰囲気は、カディスの街の南国的なムードにぴったりマッチしているといえるでしょう。

編曲したギタリストのマヌエル・バルエコは「いかにもなギター的表現に逃げない」理知的な演奏と編曲で高い評価を受けており、クラシックギター界に大きな影響を与えました。この「カディス」の編曲もピアノ原曲の要素が可能な限りギターで再現されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です