ラグリマ、アデリータ、マリア/F.タレガ

現代のギター奏法の基礎を築いたフランシスコ・タレガ(Francisco Tárrega、1852~1909)はギターのための優れた小品を残していますが、いずれも現代的なギター奏法を理解するうえで外すことのできない名曲ぞろいです。


ラグリマ(Lágrima)
タイトルは「涙」という意味で前奏曲として作曲されています。
涙という言葉のイメージに反してホ長調から始まりますが、そのことがかえって秘めた悲しみを感じさせます。
クラシックギターを弾く人の多くが一度は演奏する曲といえるでしょう。


アデリータ(Adelita)
「ラグリマ」と合わせて演奏されることが多い作品ですが、2曲は調性が前半後半で逆転した関係になっているものの、それ以外の作曲の経緯などの共通点はなさそうです。
マズルカのリズムに基づいて作曲されています。
タレガはショパンを敬愛しておりその影響が大きいようです。


マリア(Maria)
2拍子の軽快な舞曲ガヴォットのリズムで書かれた小品。
非常に短い作品ながら、タレガの他の小品と同じくギターの音色を活かした技巧がこらされた愛らしい曲です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です