タンゴ・グレリオ in 神戸

神戸三宮ロッコーマン ギター&バンドネオン

三宮のギター&バイオリンショップ・ロッコーマンでのギター&バンドネオンコンサート「タンゴ・グレリオ in 神戸」、たくさんの皆様にお越しいただきました。あらためてありがとうございました。
何度も足をお運びいただいている皆さんはもちろん、今回は半数は新規でお越しいただいた皆さん。かなり早いうちにお越しになって前の方の席をキープされた方もいて、非常に関心を持っていただいていたようでうれしい限りです。あらためてバンドネオンやギターについて、アルゼンチンタンゴについてなど解説しながら、私たちの持ち味をお伝えしたコンサートでした。
タンゴは百数十年と比較的歴史の浅いジャンルですが、その中でどういう音楽家たちが活躍し、どういう音楽が育まれていったか…アルゼンチンタンゴの様々な側面を今後もお伝えしていけたら、と思います。『タンゴの似合う港町』である神戸でのタンゴの演奏は今後もいくつかご依頼いただいているものもあるので、また逐次お知らせさせていただきます。
会場ロッコーマンホールは音響が非常によく、雰囲気も抜群。今後もタンゴ・グレリオ神戸公演の会場としてちょくちょく使わせていただけたならな、と思います!

過去の出演記録

2017年7月29,30日第3回神戸港ラテンアメリカンカーニバル

第3回神戸港ラテンアメリカンカーニバル2017年7月29,30日 12:00~21:00
(メインステージは15:00から)
※7月29日に出演予定。①16:30~ ②18:00~(格20~25分)①はダンサー「エルネスト&亜矢」も登場!
会場:高浜岸壁(神戸ハーバーランドumieモザイク北東)
・JR「神戸駅」徒歩約8分
・神戸市営地下鉄「ハーバーランド駅」徒歩約5分
・神戸高速線「高速神戸駅」徒歩約10分
■お問い合わせ:078-303-1188(平日9時~17時30分)
■主催:神戸港ラテンアメリカン・カーニバル実行委員会 (ハーバーランド運営協議会来街促進委員会、(一社)神戸港振興協会、 神戸ハーバーランド(株)、(一財)神戸国際観光コンベンション協会)
■共催:神戸開港150年記念事業実行委員会
■後援:神戸新聞社、サンテレビジョン、ラジオ関西
■協力:神戸ハーバーランドumie

神戸乙仲通でギター&バンドネオン演奏

神戸 バンドネオン&ギター アルゼンチンタンゴ 

2月19日、神戸乙仲通で開催されたWorld Music Fes3でギター&バンドネオン【タンゴ・グレリオ】が演奏しました。
乙仲通は中華街やポートタワーにも近く、 現在たくさんののお洒落なお店や昔ながらのビルヂング、カフェなどが270軒ほども軒をつらねて注目されている地域。「神戸乙仲通World Music Fes3」では2月4日〜19日にわたって、ポルトガルギター、二胡、アコーディオン、チェロ、ハープなど多彩なジャンルのユニークなプロミュージシャンが世界の音楽を演奏しました♪

私たちタンゴ・グレリオの会場は古いビルを改装した雰囲気のあるイタリア料理店「罠:TRAPPOLA」さん・・・このイベントには初参加させていただきましたが、当日お越しの方も含めて満席に!(写真はリハーサルの様子です!)
寒い一日でしたが、アルゼンチンタンゴの演奏でホットになっていただけたでしょうか?アルゼンチンタンゴの生まれたブエノスアイレスも港町なので少しイメージが被ることもあり、神戸でのタンゴ演奏はいつも一味違った気分で演奏できて、この日も楽しく終演できました。

お越しいただいた皆様、乙仲通りのスタッフ・関係者の皆様、ありがとうございました!

【演奏曲目】
リベルタンゴ
レクエルド
エル・チョクロ
最後のコーヒー
わが愛のミロンガ
映画「ひまわり」テーマ
パロミータ・ブランカ
カフェ1930
ミ・マリア
シータ
ラ・クンパルシータ

過去の出演記録

神戸乙仲通World Music Fes3

神戸市「中南米音楽会」でギター演奏

神戸「中南米音楽会」アルゼンチンタンゴ

10月16日は神戸市の「海外移住と文化の交流センター」で催された「第25回中南米音楽会」にギター&バンドネオン・デュオ【タンゴ・グレリオ】で出演。このセンターは元「神戸移住センター」といい、日本の移民の歴史に深くかかわってきた建物。中南米諸国とのかかわりも深い場所での演奏ということで非常に楽しみでした。共演はボサノバユニット「ビーショ・パパン+萩田紀一郎(ピアノ)」さん。
最初に演奏したビーショ・パパンさんはボサノバやサンバの名曲やショーロを演奏して晴れた秋の一日にふさわしく心地よい雰囲気を演出してくださいました。続いてタンゴ・グレリオの演奏。タンゴの故郷ブエノスアイレスと同じ港町である神戸にタンゴはとても似合うような気がします。1時間ほどの演奏でしたが、NHKでも告知されていたということで、おとずれた大勢の皆さんにじっくりと聞いていただき、うれしい反響をいただきました。
この中南米音楽祭は定期的に行われているそうなので、また別の機会にも出演させていただきたいですね!

兵庫県での米阪ギター教室のその他の過去の出演記録
ビーショ・パパン %e5%8d%97%e7%b1%b3

西宮カフェグリーンでディナーショー

西宮市カフェグリーン アルゼンチンタンゴ・ディナーショー

10月15日は西宮市の山間にある洋館風の素敵なお店「カフェグリーン」でのアルゼンチンタンゴ・ディナーショー。甲山ごしに見える市街地の夜景が美しく、非常に見晴らしのいいロケーションでした。
7月に続いて今回も歌手の木佐貫裕珠さんとの共演。ジャズや歌謡曲など様々なレパートリーを持つゆうじゅさんですが、昨年から私たちと何度か共演し、タンゴにも力を入れて活動してくださっています。今回もギター&バンドネオンで伴奏しました。
「ラ・クンパルシータ」「カミニート」「ジーラ・ジーラ」「さらば草原よ」など日本でもよく知られた曲を中心に、時に情熱的に時に情感を込めた歌声に引き込まれ、お客様もじっくり耳を傾けていました。合間にダンスの先生の指導で簡単なステップを踏んでもらうダンス体験のコーナーなどもあり、和気あいあいとした雰囲気のショーとなりました。
会場の雰囲気も相まって演奏する側もなんだか夢の中にいるような不思議な気分。素敵な夜を演出できていたらうれしいですね!

西宮市カフェグリーン アルゼンチンタンゴ

 

 

タンゴ楽団「ティエラ・ケリーダ」にギターで参加

タンゴ五重奏団 ティエラ・ケリーダ・キンテート

9月24日、25日はタンゴ楽団「ティエラ・ケリーダ・カルテート」の京都公演/神戸公演にゲストで参加しました。
出演:ピアノ/サッコ香織
バンドネオン/星野俊路
バイオリン/村瀬響
コントラバス/後藤雅史
ゲスト:ギター/米阪隆広

中心となるカルテート(4重奏)から、デュオ、トリオ、そしてギターも加えたキンテート(五重奏)・・・古典タンゴからモダンタンゴまでを網羅した、タンゴの様々な側面を切り取る情熱の演奏でした!
昨年の公演に比べても難易度の高いアレンジが多く、華やかでアグレッシブなタンゴをたくさんお届けできました。コアなタンゴファンから初めて聞いていただいた方まで十二分にお楽しみいただけたようで、終演後たくさんのうれしい感想をいただきました。
ピアノのサッコ香織さんが本年度末にイタリアのクレモナに移住されるということで、このメンバーで集まるのも少し難しくなってしまいましたが、必ずや来年も「ティエラ・ケリーダ」の公演を実現させたいです。
タンゴ楽団のバンドネオン、ピアノ、バイオリン、コントラバスに加えてギターが入るキンテートの形式はピアソラのエレキギターを入れた形式が代表的ですが、タンゴを代表する黄金の編成の一つといえるでしょう。ギタリストとしてこのような本格的なキンテートに参加できる機会はなかなか少なく、今回はとても貴重な経験をさせてもらいました。次回はフルメンバーのキンテートでお送りできることを期待しましょう!

京都府での米阪ギター教室のその他の過去の出演記録

神戸ボーンフリー『Viva!Tango!情熱をうたう』

神戸ボーンフリー ギター&バンドネオン&ボーカル

神戸岡本のライブバー「ボーンフリー」での『Viva!Tango!情熱をうたう』、予想を上回る超満員で終演いたしました。
いつものギター/米阪隆広&バンドネオン/星野俊路にボーカル木佐貫裕珠さんをまじえての歌を中心としたライブ。木佐貫さんはジャズや歌謡曲など幅広いジャンルで音楽活動をされていますが、タンゴにも真摯に向き合い研さんを積んでおり、今回も時に情熱的に、時にしっとりと、アルゼンチンタンゴの奥深い世界を聞かせてくれました。
歌もさることながら、MCも人柄の出た楽しいもので、ギター米阪の前フリにもしっかり乗ってくださって、いつもよりちょっとにぎやかな雰囲気のライブになりました。
往年のタンゴファンからタンゴ初心者の方まで幅広くお楽しみいただけたかと思います。
すでにこのトリオでの再演のお話もいただいておりますので、またいずれ演奏予定などお知らせできるかと思います。
神戸ボーンフリー ギター&バンドネオン&ボーカル

宝塚で女声合唱団と共演

宝塚ヴィオレット・エコ

宝塚ベガホールにて女声合唱団「宝塚ヴィオレット・エコ」さんの演奏会にバンドネオン・星野俊路とともにゲスト出演。宝塚ヴィオレット・エコさんは宝塚や大阪北摂を中心に40年近く活動している歴史ある合唱団だそうです。美しく響きのいいホールで華やかな女声合唱とともに演奏するのはもちろん初めての経験。いろいろな偶然のご縁があってこの日を迎えることができました。
タンゴ・デュオとしては、「ラ・クンパルシータ」「デカリシモ」「心の底から」「ニューシネマパラダイス」とアルゼンチンタンゴを中心に演奏。ヴィオレット・エコさんとの共演では私たちとしては珍しいレパートリー、コンチネンタルタンゴから「碧空」「ジェラシー」「夜のタンゴ」を演奏しました。
400席は完全に満席、たくさんのお客さんに喜んでいただき、団員の皆様からも熱いエールをいただいての楽しいひと時!私たちにとっても、とても印象深い一日となりました。

兵庫県での米阪ギター教室のその他の過去の出演記録

神戸三宮でタンゴを演奏

神戸三宮 ギター&バンドネオン10月9日、神戸三宮のBar 1st flyさんの37周年記念イベント『今宵一夜はタンゴバー』で演奏しました。
自家製スモークが絶品のお店です♪ 今回は歌手の木佐貫裕珠さんと初の共演。時間の都合で本番前にさっと一度リハーサルができただけでしたが、初めてにしてはなかなかの完成度!お客様にも喜んでいただいて、「ぜひこの3人で再演を!」とうれしいお声もかかりました。 タンゴを知っている方はあまりいない会だったため、初めて聞くアルゼンチンタンゴやバンドネオンの構造にみなさん興味津々で、終演後もたくさんの質問が飛び交い、予期せぬタンゴ・レクチャーの会になりました。
こういう客席と一体になって楽しみを共有できる会もいいものですね!

【演目】(☆は歌)
エル・チョクロ
ポル・ウナ・カベサ☆
エル・ポージョ・リカルド
カミニート☆
下町のロマンス
最後の杯☆
想いの届く日☆
ラ・トランペーラ
灰色の午後☆
デカリシモ
オブリビオン☆
リベルタンゴ
ジーラ・ジーラ☆
ラ・クンパルシータ☆

兵庫県での米阪ギター教室のその他の過去の出演記録

神戸港ラテンアメリカンカーニバル

神戸ラテンアメリカンカーニバル アルゼンチンタンゴ

神戸ハーバーランドで開催された「第1回神戸港ラテンアメリカンカーニバル」でギター×バンドネオン、タンゴ・グレリオとして演奏しました。
8月らしいすばらしい快晴と猛暑の中、フードブースやダンス、音楽のステージが多数催され、にぎやかなラテンの情熱のノリで、まさに暑さを吹き飛ばすにぎわいでした。いつもは夜の演奏が多く、青空が似合わない2人ですが(笑)アルゼンチン枠で登場、神戸を拠点に活躍するダンサー、エルネスト・ボルゴノボ&チャコさんの華やかなダンスがステージを盛り上げてくださいました!
このラテンアメリカンカーニバルは神戸港開港150年のプレイベントとして開催されましたが、タンゴの生まれたアルゼンチンの首都ブエノスアイレスも神戸と同じ港町。さまざまな文化の交差する土地柄が独特の音楽文化を生んだんですね。そのせいか神戸の街にアルゼンチンタンゴはよく似合います。
タンゴ・グレリオは1日のみの登場でしたが、このイベントは2日(日)も続いて開催、明日もいいお天気のようなので、ぜひこの機会に中南米文化を体験しに行ってみてください!

兵庫県での米阪ギター教室のその他の過去の出演記録