大阪関目でバンドネオン&ギター演奏

大阪関目 バンドネオン&ギター

ご依頼をいただいて大阪関目のカフェプレリュードで演奏しました。この日もバンドネオン&ギターによるアルゼンチンタンゴの演奏会でした。
このお店では年6~7回くらいのペースで演奏会を催されているそうですが、今回はうれしいことに告知を開始した今年1月の時点ですぐ予約満席となったそうです!やはりアルゼンチンタンゴというジャンルに対する興味の潜在的な大きさを実感します。

今回は古典タンゴからピアソラまでマニアックな作品も含めた重めのプログラムでしたが、お越しいただいた皆さんはとても真剣に聞いてくださり、終演後もバンドネオンに対する興味は尽きなかったようです。アルゼンチンタンゴについての私の解説もじっくり聞いていただけました。

またお店も木の板張りの床で天井も高めだったため、楽器の音がよく響いて気持ちよく演奏できました。早くも再演のお声もいただきたので、また来年あたりお邪魔するかと思います!

大阪関目 バンドネオン&ギター2

過去の出演記録

エキスポシティでギター&バンドネオン演奏

エキスポシティ ららぽーと バンドネオン ギター 演奏

2月1日、大阪吹田市エキスポシティのららぽーと・フードパビリオンにてギター&バンドネオン【タンゴ・グレリオ】として演奏しました。フードパビリオンでは毎週水曜日は「EXPO dinner live」として様々な演奏の催しがあるのですが、タンゴ・グレリオとしては初登場。
平日のためさすがにお客さんは少なめ。こういうフードコートでの演奏は何度か経験がありますが、多くの場合単なるBGMになってしまい拍手も起こりにくいのですが、ここではけっこうしっかり聞いていた方も多く拍手も起こったので、よい雰囲気で演奏できました。
お子さんが興味をもってよく近づいてこられましたが、子供向けの曲を弾くでもなくゴリゴリのタンゴで押していく通常営業のタンゴ・グレリオ(笑)
それでも意外と子供たちの食いつきがよかったのは、バンドネオンの蛇腹の動きや耳慣れないタンゴのリズムが面白かったのでしょうね。音楽でも子供だましはかえって子供でも食いつかないのかもしれません。直球勝負の方が自分たちの表現したいことが伝わるのでしょう!

過去の出演記録

2017年3月18~20日 音楽朗読劇『ふたたびの恋』

音楽朗読劇『ふたたびの恋』18日~20日 チケット各6000円(2ドリンク付)
●18日(土)
開場:17時 開演:17時半
場所:Gago (布施)
・室生晃一:河島辰徳
・澤田雪夫:松田大介
・大木新子:mihiromy
・バイオリン:辻本明日香
・ギター米阪隆広
※限定20席
※foodをお持ち込みしていただけます。

●19日(日)
開場:17時 開演:17時半
場所ALFIES BAR (江坂)
・室生晃一:松田大介
・澤田雪夫:吉持寿司
・大木新子:mihiromy
・ギター:藪下ガク
※限定15席
※foodをお持ち込みしていただけます。

●20日(月・祝)
開場:15時 開演:15時半
場所:Bar Theater LUDO(心斎橋)
・室生晃一:河島辰徳
・澤田雪夫:吉持寿司
・大木新子:mihiromy
・ピアノ:山口聖代
・チェロ:南口真耶

ロベルト・杉浦&タンゴ・グレリオ@大阪中崎町ティナ・レンテ

ロベルト・杉浦&タンゴ・グレリオ 大阪中崎町ティナ・レンテ

【ロベルト・杉浦&タンゴ・グレリオ】大阪中崎町ティナ・レンテでの公演は平日の晩にもかかわらず満席・大盛況で終演しました!ティナ・レンテでの2年ぶりのロベルト・杉浦氏の登場ということで心待ちにしていたファンの皆様が大勢お越しいただきました。バンドネオン、ギターとボーカルの織り成すアルゼンチンタンゴの世界を皆様じっくり楽しんでいただけたようです。
回を重ねるごとに円熟味を増すロベルト氏の歌とパフォーマンス・・・そしてコテコテトークにお客様も大喜び。トークでは三枚目を演じながらも、きっちり歌では泣かせてくれるのがまさしくプロ魂ですね。タンゴという濃厚な世界もロベルト氏の歌で生き生きとドラマチックに表現され、伴奏している私たちも楽しく演奏できました。
明日26日は池田市テアトロ・ルセロにて【ロベルト・杉浦&タンゴ・グレリオ第二夜】。ただいま残席3となっています。気になった!という方はぜひご予約ください!

大阪での米阪ギター教室のその他の過去の出演記録

大阪守口市『BUNROKU 文禄堤 薩摩英国館』で演奏

11月20日は大阪ギタースクールさん主催による大阪守口市『BUNROKU 文禄堤 薩摩英国館』ライブ。ギター&バンドネオンデュオ【タンゴ・グレリオ】でお届けしました。
会場のBUNROKUは豊臣秀吉ゆかりの文禄堤沿いに、1926年(大正15年)建てられた古い町屋を改装したティールーム。2Fはとても響きのいいホールになっています。旧町屋時代の奉公人の居室がそのまま控室になっているというのも面白かったです。本店の薩摩英国館は紅茶の有名店のため、休憩時間にレトロな1Fティールームでゆっくりお茶を楽しむお客様もやはり多かったですね。趣のある古い建物での演奏はタンゴのイメージにも不思議とマッチしていいいい雰囲気でした!
今回はCD『ピアソラの時代』の発売記念ということもあり、ピアソラの作品をいつもより多めに演奏。ギターとフルート・バイオリンで演奏される『タンゴの歴史』もあえてギター&バンドネオンで演奏してみました。常連さんでよく来て下さる方以外にインターネットなどで情報をつかんで来てくださった方も多かったそうで、とてもありがたいです!

≪演奏曲目≫
C.ガルデル/ボルベール≪帰還≫(ギターソロ)
A.ピアソラ/リベルタンゴ
O.プグリエーセ/レクエルド≪想い出≫
A.アイエタ/パロミータ・ブランカ≪白い小鳩≫
A.ピアソラ/『タンゴの歴史』よりボルデル1900、カフェ1930
J.ラカジェ/アマポーラ
A.ピアソラ/アウセンシアス≪映画『ガルデルの亡命』より≫
A.ピアソラ/プレパレンセ
A.トロイロ/下町のロマンス
A.トロイロ/ラ・トランペーラ
A.ピアソラ/『トロイロ組曲』よりバンドネオン、シータ

大阪での米阪ギター教室のその他の過去の出演記録

アート+タンゴのコラボレーション演奏会

徳重英子+タンゴ・グレリオ(ギター&バンドネオン)

10月29日は大阪中崎町ティナ・レンテにてラジオパーソナリティ徳重英子さんの主催する展覧会でギター&バンドネオン【タンゴ・グレリオ】としてゲスト演奏しました。「玻璃の展覧 collaborate with Argentine tango♪」と題した、さまざま写真や俳句、絵画などが展示される中での1時間ほどのミニコンサートとなりました。
アート+タンゴというのも不思議とマッチするものです。アルゼンチンタンゴは一貫して都会に暮らす無名の人々の愛憎や孤独、挫折などを取り上げてきた音楽・・・今回の展覧会の主旨「無名という草冠」「ブルーなハート」にもどこかクロスしたのかもしれません。こういう機会のあるたび、タンゴというジャンルの持つ底力というものを強く感じます。いつもとは違う雰囲気での演奏でしたが、いい意味での緊張感をお伝えできたかなと思います。
ところで会場ティナレンテさんはタンゴ・グレリオがライブで何度もお世話になっているお店ですが、今回は全くの偶然でこの展覧会とのコラボレーションが実現しました。本当に人と人とのつながりは奇縁で結ばれています。大事にしていきたいですね!

大阪での米阪ギター教室のその他の過去の出演記録

大阪天満フラット・フラミンゴで演奏

タンゴ・グレリオ@フラット・フラミンゴ

10月21日は大阪天満のライブバー「フラット・フラミンゴ」さんにてギター&バンドネオン【タンゴ・グレリオ】ライブ。おかげさまで予想を上回る人数のみなさまにお越しいただけました!
今回のライブは第2弾CD『ピアソラの時代』発売記念ライブでしたが、実はこのフラット・フラミンゴを共同プロデュースされているオフィス・マリオネットさんにCDのレコーディングからトラックダウンまでを手がけていただいており、今回はそのお礼もかねてのライブでした。
4月に移転オープンしたフラット・フラミンゴは木造の内装でとても音響のいい空間。さらにベテラン音響マンの海井氏の絶妙な音作りとお洒落なライティングでベストのコンディションでの演奏。音楽は演奏する側も聞く側も会場の状況でずいぶん印象が変わりますが、このお店はゆっくりとライブを楽しむには実に素晴らしい舞台だと思います!
本日の演奏曲目はCD収録曲を中心に新レパートリーの「パロミータ・ブランカ」「ボルデル1900」「アマポーラ」なども交えてなかなか濃い感じのラインナップになったかと思います。初めてお越しの方も多かったのですが楽しんでいただけた模様でした!

~演奏曲目~
リベルタンゴ
レクエルド
パロミータ・ブランカ
最後のコーヒー
『タンゴの歴史』よりボルデル1900、カフェ1930
アマポーラ
エル・チョクロ
下町のロマンス
ラ・トランペーラ
『トロイロ組曲』よりバンドネオン、シータ
ラ・クンパルシータ

大阪での米阪ギター教室のその他の過去の出演記録

タンゴ・グレリオ@フラット・フラミンゴ2タンゴ・グレリオ@フラット・フラミンゴ3

ピアソラの時代発売記念live in サロン・ドゥ・螺

ピアソラの時代発売記念live in サロン・ドゥ・螺

昨日はギター&バンドネオン【タンゴ・グレリオ】のCD発売記念ライブでした。会場は1925年竣工のレトロビル「船場ビルディング」3Fの異空間「サロン・ドゥ・螺」。前回のこの会場でのライブに引き続き満員御礼で終演いたしました!蒸し暑いさなか大勢にお越しいただき、ありがとうございました!
さて、新CD『ピアソラの時代』のジャケット撮影でお世話になった船場ビルディングで再び演奏。タンゴ全盛期の歴史的建築を舞台に、往年の大阪に想いをはせながら演奏するのは非常に感慨深いものがあります。タンゴを演奏するということは、先人たちの精神を受け継ぎながら歴史を一つ一つ積み重ねることといえるのではないでしょうか?今回のCDでもピアソラとトロイロの関係に注目し、「タンゴの精神の継承」ということを裏テーマにしています。
演奏以外にもおなじみ伯爵こと北夙川不可止氏の建築談議に、サプライズゲスト村瀬響くんのバイオリンと、さまざまな趣向でお越しいただいた皆様にお楽しみいただけたようでした!

~演奏曲目~
ブエノスアイレス午前零時(ギターソロ)
レクエルド
エル・ポージョ・リカルド
パロミータ・ブランカ(白い小鳩)
プレパレンセ
リベルタンゴ
アヴェ・マリア
孤独(ヴァイオリン&バンドネオン)
最後のコーヒー
下町のロマンス
ラ・トランペーラ
映画『イル・ポスティーノ』テーマ
『トロイロ組曲』より バンドネオン/シータ
≪アンコール≫アマポーラ

大阪での米阪ギター教室のその他の過去の出演記録

ピアソラの時代発売記念live in サロン・ドゥ・螺2バンドネオン/星野俊路、バイオリン/村瀬響

大阪府高齢者大学で演奏

大阪城公園

今朝は大阪森ノ宮で高齢者大学「音楽を楽しむ科」のゲスト講師として招いていただきました。(講師:上田啓子先生)
和声についての一時間ほどの上田先生の講義の後、時間をいただいて曲や音楽についての解説を交えながら40分ほどの演奏。

(演奏曲目)
「禁じられた遊び」テーマ
歌と踊り1番(ピポー)
アラビア風奇想曲、アルハンブラの思い出(タレガ)
アストゥリアス(アルベニス)
ノスタルヒコ(プラサ)
想いの届く日(ガルデル)

この講座でギターを取り上げるのは初めてということで、みなさんに大変喜んでいただけたようです。こういう機会にギター音楽の楽しみの一端をしっていただけたらうれしいですね。
森ノ宮は大阪城公園に近いので、終わった後で少し足をのばしました。ここもやはり今年の大河の影響か「真田仕様」。そこかしこに六文銭が…

大阪での米阪ギター教室のその他の過去の出演記録

大阪富田林で古民家タンゴイベント

大阪 ギター出演依頼アルゼンチンタンゴ1

大阪府富田林市の指定文化財「仲村家住宅」にてイベント『タンゴとワインと古民家と』で演奏しました。ギター(米阪隆広)&バンドネオン(星野俊路)デュオでの出演です。
富田林市の寺内町地域は江戸時代からの古民家が数多く残り、現在も改装されて店舗などに利用されており、古き良き大阪の顔が残っている魅力的な地域です。
今回は、かの吉田松陰も宿泊したという築200年以上の古民家「仲村家住宅」でタンゴとワインを楽しんでいただくという企画。一見タンゴと古民家はミスマッチに思えますが、アルゼンチンタンゴの長い伝統が古い建築の持つ歴史と共鳴するのでしょうか、タンゴの響きは不思議と和建築にも調和して、お客様から大変好評をいただけました!
さまざまな場所でアルゼンチンタンゴを紹介したいという私たちの活動方針から見ても、よい機会となりました。このイベントを企画してくださった関係者のみなさまに厚く御礼も仕上げたいと思います。

大阪での米阪ギター教室のその他の過去の出演記録

富田林「仲村家住宅」アルゼンチンタンゴ2
富田林「仲村家住宅」アルゼンチンタンゴ3