第42回ギター音楽大賞エントリー開始迫る

第42回ギター音楽大賞

来月1月17日より、いよいよギターコンクール【第42回ギター音楽大賞】のエントリー受付を開始いたします。2017年度の開催は5月6日、7日と例年より早く、またギター音楽大賞で初めて2日に分けての開催となっておりますので、参加をお考えの方はご注意ください。
各部門についての詳細はギター音楽大賞ホームページの第42回募集要項のページをご参照ください。募集要項は関連ギター教室、楽器店で入手できるほか、上記アドレスからもダウンロードできます。プロギタリストを目指す方、ギター愛好家の皆様のたくさんのエントリーをお待ちしております!
また、第41回ギター音楽大賞にて見事一位の栄冠を手にした深澤太一さんの優勝記念リサイタルが来年3月22日に開催されます。詳細は【深澤太一ギターリサイタル】のページをご覧ください。

池田市コルネット・ギターコンサート

池田市コルネット ギターコンサート

12月17日、恒例の池田市文化会館コルネットでのティータイムコンサートを開催しました。師走の忙しい時期にもかかわらず今回も大勢の皆様にお越しいただきました。ありがとうございます!今回のゲストはすでにベテランの風格も漂いだした名手・ギタリスト大西洋二朗さん。以前からなにかと顔を合わせる機会の多い方だったので、今回初めて本格的に共演できて楽しかったです。ギターソロにデュオとすばらしい演奏を聞かせていただきました。合間の脱力系のトークも人柄を表していて面白かったですね。米阪ギター教室の2016年の最後のコンサート企画となりましたが、よい雰囲気で終演できました。

【プログラム】
(米阪ソロ)
ソナタK380、K1 (スカルラッティ)
イェスタディ (レノン・マッカートニー/武満徹編)
戦場のメリークリスマス (坂本龍一/佐藤弘和編)
(大西ソロ)
グラン・ワルツ (タレガ)
クラベリートス (バルベルデ)
アディオス・ノニーノ (ピアソラ)
セビーリャ (アルベニス)
(デュオ)
ロ・ケ・ベンドラ (ピアソラ)
対話風小二重奏曲第2番Op.34-2 (カルリ)
3つの秋の小品 (プホール)
祈り (ハンド)

米阪ギター教室のその他の過去の出演記録

池田市マール・ドゥ・イグチドウにてギター&クラリネット演奏

池田市 マール・ドゥ・イグチドウ ギター&クラリネット

池田市の自家焙煎コーヒーとチョコレートとのお店「マール・ドゥ・イグチドウ」にて【ギターとクラリネットが奏でる世界の音楽】開催♪ギター/米阪隆広、クラリネット/上堂尚子による演奏でした。
古い家屋を改装したかわいらしいお店でのアットホームな雰囲気での演奏会となりました。クラシックから南米の音楽、日本人作曲家の作品までいろいろなジャンルの曲を聞いていただきました。終演後、コーヒーやチョコレートを買って帰られる方も多く、お店も気に入っていただけたようですね!このお店のチョコレートはカカオ豆から完全に手作りしており、山椒や黒胡椒の香りを聞かせたものなどユニークなものも多く人気があります。

《演奏曲目》
ソナタK380≪ギターソロ≫ (スカルラッティ)
ラルゲット (カルリ)
コンドルは飛んでいく(ロブレス)
ボルベール≪ギターソロ≫ (ガルデル)
ポル・ウナ・カベサ(ガルデル)
アベマリア(ピアソラ)
紫陽花 (莉 燦馮)
チコチコ・ノ・フバー (アブレウ)
戦場のメリークリスマス≪ギターソロ≫ (坂本龍一)
ブラジル風バッハ5番アリア (ヴィラ=ロボス)
シータ  (ピアソラ)
リベルタンゴ (ピアソラ)

米阪ギター教室のその他の池田市での過去の出演記録

大阪大学ギタークラブ定期演奏会を聞いて

昨日は川西市のみつなかホールで行われた大阪大学ギタークラブの定期演奏会を聞きに行きました。今回は当ギター教室の生徒も出演し、複数のステージを精力的にこなし、3回生として最後のステージに臨んでいました。先日から何度か二重奏や強化練習の指導を少ししたりして、他の部員の方とも交流させてもらったこともあり、私としても思い入れを持って演奏を聞くことができました。
ちょうど20年前も同じようにステージに上がっていたので、当時の緊張感や終演後の開放感を思い出しました。最後にロビーで見送る学生さんたちの笑顔がいろいろな思いを物語っていたような気がします。
実はこの日、私の一つ上の先輩たちも大勢聞きに来ていて、終演後ちょうど20年ぶりの同窓会を行われたので、そこに合流しました。皆さん、20年を経て変わらずギタークラブが存続していることに感慨深げでした。来年は私の代も20年目の節目になるので何か企画したいところです。ギタークラブにはやはりギター人生のスタート地点と言える想い出がたくさんあります。

ブログ

ロベルト・杉浦&タンゴ・グレリオ@池田市テアトロ・ルセロ

ロベルト・杉浦&タンゴ・グレリオ@大阪池田市テアトロ・ルセロ
【ロベルト・杉浦&タンゴ・グレリオ】大阪池田市テアトロ・ルセロでの公演もおかげさまで大盛況で終演しました。
出演:ロベルト・杉浦(歌)/星野俊路(バンドネオン)/米阪隆広(ギター)
今回の公演は池田・箕面・豊中など周辺地域からのお客様も多く、以前の公演にも来ていただいたロベルト氏のファンの方も大勢来ていただきました。テアトロ・ルセロの舞台空間も相まって、この夜も次第にステージは熱くドラマチックに展開!終演後のお客様のなんとも言えない笑顔が最高にうれしかったですm(__)m
5年前から始まったロベルト・杉浦氏との共演ですが、回を追うごとに次第に歌の雰囲気が少しずつ変わり、進化していっているのが感じられ、毎回新鮮な発見があります。すでにキャリアと実力も十二分ながら、さらに深くに歌唱を研究しようとするロベルト氏には脱帽です!ステージではとぼけた雰囲気で笑いを取っていますが、素晴らしいパフォーマンスは日々のストイックな鍛錬のたまものなんでしょう。もちろん共演する私たちもまずますがんばらないといけませんね!

ロベルト・杉浦&タンゴ・グレリオ@大阪中崎町ティナ・レンテ

ロベルト・杉浦&タンゴ・グレリオ 大阪中崎町ティナ・レンテ

【ロベルト・杉浦&タンゴ・グレリオ】大阪中崎町ティナ・レンテでの公演は平日の晩にもかかわらず満席・大盛況で終演しました!ティナ・レンテでの2年ぶりのロベルト・杉浦氏の登場ということで心待ちにしていたファンの皆様が大勢お越しいただきました。バンドネオン、ギターとボーカルの織り成すアルゼンチンタンゴの世界を皆様じっくり楽しんでいただけたようです。
回を重ねるごとに円熟味を増すロベルト氏の歌とパフォーマンス・・・そしてコテコテトークにお客様も大喜び。トークでは三枚目を演じながらも、きっちり歌では泣かせてくれるのがまさしくプロ魂ですね。タンゴという濃厚な世界もロベルト氏の歌で生き生きとドラマチックに表現され、伴奏している私たちも楽しく演奏できました。
明日26日は池田市テアトロ・ルセロにて【ロベルト・杉浦&タンゴ・グレリオ第二夜】。ただいま残席3となっています。気になった!という方はぜひご予約ください!

大阪での米阪ギター教室のその他の過去の出演記録

大阪守口市『BUNROKU 文禄堤 薩摩英国館』で演奏

11月20日は大阪ギタースクールさん主催による大阪守口市『BUNROKU 文禄堤 薩摩英国館』ライブ。ギター&バンドネオンデュオ【タンゴ・グレリオ】でお届けしました。
会場のBUNROKUは豊臣秀吉ゆかりの文禄堤沿いに、1926年(大正15年)建てられた古い町屋を改装したティールーム。2Fはとても響きのいいホールになっています。旧町屋時代の奉公人の居室がそのまま控室になっているというのも面白かったです。本店の薩摩英国館は紅茶の有名店のため、休憩時間にレトロな1Fティールームでゆっくりお茶を楽しむお客様もやはり多かったですね。趣のある古い建物での演奏はタンゴのイメージにも不思議とマッチしていいいい雰囲気でした!
今回はCD『ピアソラの時代』の発売記念ということもあり、ピアソラの作品をいつもより多めに演奏。ギターとフルート・バイオリンで演奏される『タンゴの歴史』もあえてギター&バンドネオンで演奏してみました。常連さんでよく来て下さる方以外にインターネットなどで情報をつかんで来てくださった方も多かったそうで、とてもありがたいです!

≪演奏曲目≫
C.ガルデル/ボルベール≪帰還≫(ギターソロ)
A.ピアソラ/リベルタンゴ
O.プグリエーセ/レクエルド≪想い出≫
A.アイエタ/パロミータ・ブランカ≪白い小鳩≫
A.ピアソラ/『タンゴの歴史』よりボルデル1900、カフェ1930
J.ラカジェ/アマポーラ
A.ピアソラ/アウセンシアス≪映画『ガルデルの亡命』より≫
A.ピアソラ/プレパレンセ
A.トロイロ/下町のロマンス
A.トロイロ/ラ・トランペーラ
A.ピアソラ/『トロイロ組曲』よりバンドネオン、シータ

大阪での米阪ギター教室のその他の過去の出演記録

大阪でのバンドネオンレッスン

大阪 池田市 バンドネオン教室のレッスン

ギター&バンドネオンデュオのタンゴ・グレリオで共演している星野俊路氏のバンドネオン・レッスンを当ギター教室内で開講中!最近お問合せが増えてきました。おそらく大阪や関西圏でバンドネオン教室を開講しているところは少ないのではないでしょうか?
バンドネオンはアルゼンチンタンゴに欠かせない楽器として有名でしたが、近年ではアストル・ピアソラの作品が頻繁に演奏されるようになったこともあり、再び注目が集まっています。奏法や練習方法など、ともかく特殊な楽器で、複雑な配列のボタンを理解するのも一苦労な「悪魔の楽器」です。市場に出回っているものも骨董品レベルの年代物がほとんどなので、いい状態の楽器を入手するのもプロのアドバイスが不可欠です。また日本にはタンゴファンの方がかつて購入されて、そのまま死蔵されているバンドネオンがまだまだ大量に眠っていると言われています。心当たりのある方はぜひ一度お問合せください!
ご興味がありましたら当ギター教室へのお問合せの他、ライブ終演後などにもお気軽にお声かけください!

バンドネオン教室

池田市の秋

今日は秋晴れ。ギター教室そばの豊島野公園もすっかり紅葉していました。紅葉は青空に映えますね!池田市民文化会館周辺は広い公園になっていて季節の移り変わりが身近に感じられて気に入っています。秋はコンサート準備や体験レッスンの申し込みなど何かとバタバタするので、たまにはゆっくり公園を歩いてみたくなります。11月12月とまだいくつか演奏会も控えてますが、同時に来年に向けて大きな流れで用意していくことも見えてきました。クラシックギター・ソロギターというジャンルは何度かブームもありましたが、現在はやや下火。特に関西圏ではあまり元気がありません。ギター音楽大賞関連も含めて少しでも関西ギター界の活性化の役に立てるようなことができたらと微力ながら考えています。やはり若い世代のギター人気を盛り上げるのが先決ですね!

レッスン情報

池田市マール・ドゥ・イグチドウで演奏します

池田市 マール・ドゥ・イグチドウ ギター&クラリネット

12月11日(日)17時から、石橋駅から徒歩7分の自家製チョコレートとコーヒーのお店「マール・ドゥ・イグチドウ」にて「ギターとクラリネットが奏でる世界の音楽」を開催♪(チャージ1200円、定員15名です)米阪隆広&上堂尚子デュオがお届けいたします。
池田市の井口堂周辺は近年センスのいい飲食店や小売店が増えていますが、このマール・ドゥ・イグチドウさんもそんな一軒。世界各国から取り寄せたカカオとコーヒー豆を丁寧に自家焙煎しており、いつも店内には香ばしく甘い香りが漂っています。古い長屋を改装した店内は木のぬくもりが感じられ、ゆっくりコーヒーやホットチョコレートを楽しむ方、コーヒー豆やお菓子を買って帰る方が集ってこられます。
マールさんでは不定期に各種のイベントを開催しており、今回は地元の私たちにもお声を掛けていただきました。同じ池田市地域のお店とこうやってコラボレーション企画ができるのもうれしいことですね!
12月11日はもちろんマールさんの美味しいドリンクもお楽しみいただけます。ご予約・お問い合わせは「米阪ギター教室」または「マール・ドゥ・イグチドウ」まで。