プロフィール

ギタリスト・米阪隆広

池田市石橋ギター教室 米阪隆広1976年 和歌山県生まれ。
大阪大学在学中に、大阪大学ギター部に所属。ソリストを務める。同時期から猪居信之氏に師事する。福田進一氏、藤井眞吾氏のマスタークラスを受講 。
26歳から本格的なプロ活動を開始。現在は大阪池田市でギター教室を主宰するとともに、各地で演奏活動を行っている。クラシックギターの奏法をベースにタンゴ、ラテンの奏法も積極的に取り入れ、ジャンルにとらわれず活動の幅を広げている。
日本ギタリスト会議事務局次長。ギター音楽大賞審査員。
使用ギター:庄司清英JSS 2011年

2007年9月より箕面市で米阪ギター教室を開く。
2013年4月より池田市石橋に米阪ギター教室を移転。

池田市石橋ギター教室 ギタリスト・米阪隆広
2008年、マンドリンユニット「ナポリドーロ」に所属。マンドラを担当。
2010年、バンドネオン奏者、星野俊路氏とデュオ「タンゴ・グレリオ」を結成。本格的なアルゼンチンタンゴの奏者としても活動し、2013年にはCD「DESDE EL ALMA~心の底から」、2016年には「EPOCA PIAZZOLLANA~ピアソラの時代」をリリースした。
2011年~2014年、ザ・リッツ・カールトン大阪内、イタリア料理スプレンディード専属ギタリストとしてレギュラー演奏を担当。

2015年「奈良タンゴ祭」にタンゴ・グレリオとして出演。

過去の演奏動画のページ

講師出演情報のページ