ブログ2022

クラシックギターと「大越順子銅版画展」のコラボ

甲子園 ギャラリーアライ クラシックギター 米阪隆広 荒木善彦
11月13日は甲子園ギャラリーアライでのクラシックギターコンサート「音楽と版画が描く欧州紀行」で演奏しました。
ギタリスト荒木善彦さんとのジョイント形式のコンサートで、それぞれのソロとデュオをお送りしました。

このコンサートはギャラリーアライでの「大越順子銅版画展」と同時開催で、ヨーロッパの街並みや動物たちをやさしい雰囲気で描いた作品が展示されていました。
大越さんは大阪藝術大学卒のピアニストで、後に銅版画作家としての活動を開始。
イタリア・ボローニャ国際絵本原画展に2016年と2018年に入選、フランスで絵本「Concerto」を出版するなど国際的にも活躍されています。
大越さんの作品の世界観に合わせてイギリスやスペイン、フランスの作品を取り上げて音楽の欧州旅行をお楽しみいただきました。

甲子園 ギャラリーアライ 大越順子・銅版画 クラシックギター 米阪隆広 荒木善彦またこのコンサートに合わせて大越さんがアニメーション作品を制作してくださり、デュオの演奏とのコラボレーションを行いました。
しっかり時間をはかって作っていただいたそうで、曲と映像のタイミングがぴったり合って感動!
ふだんのクラシックギターの演奏会ではなかなかない、ファンタジックな雰囲気のコンサートになったように思います。

甲子園 ギャラリーアライ 大越順子・銅版画 クラシックギター 米阪隆広 荒木善彦

過去の出演記録

-ブログ2022

© 2022 米阪ギター教室