ギターソロ ブログ

ヴィラ=ロボス讃歌Ⅳ「トゥフ」/R.ディアンス



■ヴィラ=ロボス讃歌Ⅳ「トゥフ」/ローラン・ディアンス

■Homenaje a Villalobos Ⅳ ”Tuhu”/Roland Dyens

ブラジルを代表する作曲家ヴィラ=ロボスへの自由な形式のオマージュである「ヴィラ=ロボス讃歌」の第4曲です。
「トゥフ(Tuhu)」という奇妙なタイトルは擬音の様なもので、鉄道の警笛のものまねが好きだった幼少期のヴィラ=ロボスが家族にそういうニックネームで呼ばれていたことに由来しています。
ヴィラ=ロボスの鉄道好きは「カイピラの小さな汽車」という作品があることにも表れていますね。
ディアンスはこういったエピソードからイメージしたのか、この曲の疾走感のある低音の連続は、鉄道が力強く走る様を表現しているように感じます。
中盤には列車から聞こえてくる様々な音を特殊奏法で表現したような面白い効果もあり、クラシックギターの曲では珍しいユーモアたっぷりの作品です。

→YouTubeチャンネルで他の動画も見る

-ギターソロ, ブログ

© 2022 米阪ギター教室