ギターソロ 演奏動画

プレリュード第1番、第2番、第3番/H.ヴィラ=ロボス

■Prelude No1/Heitor Villa-Lobos
■プレリュード第1番/エイトル・ヴィラ=ロボス

ブラジルを代表する作曲家の一人であるエイトル・ヴィラ=ロボス(Heitor Villa-Lobos 1887~1959)作曲の「5つのプレリュード」の1曲。
5つのプレリュードはヴィラ=ロボスのギター独奏曲の中では最後となる作品で1940年に完成しました。
ヴィラ=ロボスは自らもギターを弾いていただけあってギターの響きや特性を生かした作品が多いですが、このプレリュード第1番も細かい装飾的な伴奏の中で朗々と響くギターの低音弦が、チェロのような独特の音色を作り出しています。
後に出版された版ではこの第1番に『セルタン(ブラジル北東部の乾燥地帯)の住人へのオマージュ~抒情のメロディ』という副題が付けられていることもありますが、作曲者の意図かどうかは不明です。(ヴィラ=ロボス自身の談話にもとづいているとも言われています)

◼️Prelude No.1/Heitor Villa-Lobos
◼️プレリュード第1番/エイトル・ヴィラ=ロボス

第2番は「リオの伊達男への賛歌~カポエイラ(ダンスの様なブラジル独特の格闘技)のメロディ」とされています。
前述のように正式な副題ではないようですが、軽妙な前半と不協和音が力強く鳴り響く後半の対比はまさにそのような雰囲気です


■Prelude No3/Heitor Villa-Lobos 
プレリュード第3番/エイトル・ヴィラ=ロボス

第3番は『バッハへのオマージュ』という副題があり、ヴィラ=ロボスの敬愛していたバッハの影響が聴き取れる雰囲気です。

 

◎YouTubeチャンネルではクラシック、ポピュラー、タンゴなど様々な作品を演奏しています。
お楽しみいただけましたら【評価&チャンネル登録】などで応援していただけると励みになります!

https://www.youtube.com/c/yoneguitar/

-ギターソロ, 演奏動画

© 2022 米阪ギター教室