ブログ2021

伊丹市でタンゴ四重奏の演奏会

タンゴ・クルサード 星野俊路(バンドネオン) 米阪隆広(ギター) 後藤雅史(コントラバス) 松本尚子(バイオリン)

9月24日の夜は伊丹市の東リいたみホール・中ホールでの四重奏団タンゴ・クルサードのコンサートでした。
出演:星野俊路(バンドネオン) 米阪隆広(ギター) 後藤雅史(コントラバス) 松本尚子(バイオリン)

コロナ禍以降は昼や夕方のコンサートがほとんどで、夜開催されるコンサートはけっこう久しぶりな気がします。
ホール主催のワンコインコンサートシリーズということで、チケットは早々に振り切れて満席御礼!

せっかくたくさんの皆様に聞いていただく機会なので、これまでのレパートリーに新たにピアソラの「フーガと神秘」、カナロの「黄金の心」を加えて、かなり濃いプログラムをお送りしました。

お客様の熱気が伝わってくるような会場の手ごたえに、奏者側も全力で演奏した90分でした!
終演後のお客様のお見送りは残念ながらまだできませんでしたが、いたみホールの方に「たっぷり聴けて大満足」「また伊丹で演奏してほしい」など、うれしい感想が寄せられているようです。

閉塞的な世の中ほど、タンゴの持つ根源的なエネルギーや人間的な側面が、より強く皆さんの心に伝わるのかもしれません。
タンゴ・クルサードの活動も今後ますます増やしていきたいと思います!

≪プログラム≫
1.タンゲーラ(Mariano Mores)
2.酒宴の一夜(Eduardo Arolas)
3.黄金の心(Francisco Canaro)
4.ミロンガ・トリステ(Sebastián Piana)
5.リベルタンゴ(Astor Piazzolla)
6.エスクアロ(Astor Piazzolla)
7.ノクトゥルナ(Julian Plaza)
8.最後のコーヒー(Hector Stamponi)
9.ポル・ウナ・カベサ(Carlos Gardel)
10.バンドネオン、ギターとベース(Astor Piazzolla)
11.バルセシート・アミーゴ(Aníbal Troilo)
12.パ・ラ・グアルディア(Ernesto Baffa)
13.フーガと神秘(Astor Piazzolla)
14.レビラード(Astor Piazzolla)
15.ラ・クンパルシータ(Gerardo Matos Rodríguez)

タンゴ・クルサード 星野俊路(バンドネオン) 米阪隆広(ギター) 後藤雅史(コントラバス) 松本尚子(バイオリン)

過去の出演記録

-ブログ2021

© 2021 米阪ギター教室