ギターソロ 演奏動画

アルゼンチン民謡様式 第1番,第2番,第3番/P.キハーノ - M.リョベート

スペインのギタリスト/作曲家、ミゲル・リョベートの「アルゼンチン民謡様式(Estilo Popular Argentino)」を演奏しています。
楽譜は「現代ギター」2021年7、8、9月号に掲載されています。
リョベートは「カタロニア民謡」の独創的な編曲が有名ですが、こちらの「アルゼンチン民謡様式」はあまり知られていない作品です。
リョベートのオリジナルな編曲ではなく、他のギタリストの作品を多少改変したものなので、厳密にいうとリョベート作とは言えないでしょう。
いずれも土の匂いのするような素朴な小品で、短いながらも味のある作品です。

■アルゼンチン民謡様式第1番

「現代ギター」2021年7月号掲載。
実質的にはアルゼンチンのギタリスト、ペドロ・キハーノ(Pedro.M.Quijano)作曲の「Ecos de mi Pampa - Estilo Crilollo(わがパンパの響き~クリオージョ・スタイル)」とほぼ同じ作品です。
リョベートは多少手を加えてはいるものの、キハーノの原曲からはほとんど逸脱していません。
大草原パンパの古いフォルクローレのスタイルをイメージさせる素朴な語り口の小品です。


■アルゼンチン民謡様式第2番

「現代ギター」2021年8月号掲載。
第1番や第3番と同じく、この第2番も原曲がありそうですが特定はされていないようです。
番号以外のタイトルはなくApacible(穏やかに)という指示があるのみで、明るく牧歌的な曲調。


■アルゼンチン民謡様式第3番

「現代ギター」2021年9月号掲載。
第1番と同じくペドロ・キハーノの作品「El Arribeño(エル・アリベーニョ)」に基づいています。
タイトルは「高地に住む人」という意味合いのようです。

→YouTubeチャンネルで他の動画も見る

-ギターソロ, 演奏動画

© 2021 米阪ギター教室