ブログ2021

大阪関目で四重奏団タンゴ・クルサードLive

カフェプレリュード タンゴ・クルサード 星野俊路(バンドネオン)、米阪隆広(ギター)松本尚子(バイオリン)、後藤雅史(コントラバス)昨日は大阪関目のカフェプレリュードで四重奏団タンゴ・クルサードのライブでした。

【出演】星野俊路(バンドネオン)、米阪隆広(ギター)松本尚子(バイオリン)、後藤雅史(コントラバス)

この日のライブはありがたいことに満員御礼で、東京などかなり遠方からお越しのお客様もいたということです。
リハーサル中もお店に空席確認の電話がかかってきて、何組かお断りしないといけないほどでした。

タンゴ・クルサードの演奏は基本的にPAでがっちり音作りをするのですが、この日はギターはマイクで少し音量を補強しましたが、それ以外の楽器は生音での演奏。
他の会場よりも少しクラシカルな印象のライブになったようです。

カフェプレリュードは今年の3月に公開したミュージックビデオ「レビラード」の撮影の舞台でした。
このミュージックビデオの公開以来、タンゴ・クルサードの演奏機会が増え始めたことを考えると、このお店がこの四重奏団の第2のスタート地点と言えるかもしれません。
タンゴ・クルサード(交差したタンゴ)という名前には、様々なルーツや目標を持ったミュージシャンが出会い、いっしょに自分たちタンゴを作っていこうという想いが込められています。

終演後に「この四重奏はこれからもどんどん続けてほしい」といううれしい感想をいただきましたが、来年以降も少しずつレパートリーを増やしながら、タンゴ・クルサードの活動を広げていきたいと願っています。

過去の出演記録

-ブログ2021

© 2021 米阪ギター教室