ブログ2020

岡山でクラリネット・フルートと共演


11月15日の晩は岡山市の音楽サロン"I FINK A HOUSE"でのコンサートで演奏しました。
河内長野ラブリーホールでのコンサートと同日でしたが、終演後に大急ぎで移動して新幹線で岡山へ。
なんとか19時半からのコンサートに間に合いました。

なぜ同日のダブルヘッダーになったかというと、実はこのコンサートに出演予定だったアルゼンチン人ギタリスト、グスタボ・エイリス氏が新型コロナの影響で出国許可が下りず、急きょ代役出演することになったのでした。
タンゴのレパートリーを弾けるギタリストとなるとなかなか見つからなかったようで、関係者伝いにオファーが来ました。
グスタボさんと面識があったことも大きかったようです。

この日はソロを何曲か演奏したほか、クラリネット奏者でこの会のプロデューサーである熱田昭夫さん、フルートの池田実加さんとの3重奏を中心に演奏をお送りしました。
アストル・ピアソラの楽曲を中心にタンゴにちなんだ映画音楽なども交えた1時間ほどのコンサートでした。
タンゴ・ギターの名手の代役ということで少し緊張しましたが、無事に好評のうちにコンサートを終えることができました。

共演した皆さんやご来場の方とも共通の知り合いも多く、様々なご縁のつながりを感じました。
今回は3時間の短い滞在でしたが、また岡山にはゆっくり滞在して演奏したいですね!


過去の出演記録

-ブログ2020

© 2020 米阪ギター教室